ファンシーカラーダイヤモンド

2015年09月11日

ダイヤモンドの中でも更に希少性の高いファンシーカラーダイヤモンドというものが存在しております。

天然のカラーダイヤモンドで、発色がよく美しいカラーダイヤモンドは無色透明のダイヤモンド以上に価値が高く、

レッド・グリーン・ブルーは特に欲しくても原石自体滅多にお目にかかれるものではないため、

運命のダイヤモンドといったところです。(価格も通常のダイヤモンドとは桁がちがいます)

発色がよく安いカラーダイヤモンドは天然ではなく、トリートメントされた(ダイヤモンドに放射線を当ててカラーコーティングしたもの)ものなので天然か否か確認されるのがいいかと思います。

(※トリートメント加工は天然ダイヤモンドにカラーリングする一般的な方法で、色落ちもしない気軽にカラーダイヤモンドを楽しめるものと思っていただければ幸いです。)

市場にある程度流通していて、エンゲージリングの中石としても使われるのはファンシーカラーイエローダイヤモンドになります。
カラーダイヤモンド

イエローダイヤモンドは一般的には炭素の中に窒素入ると暗い、黄色になるというマイナスなイメージがあるかもしれませんが、

ファンシーカラーに属するイエローは発色が美しく、色鮮やかで尚且つダイヤモンドとしての輝きもあり普通のイエローダイヤと異なります。

鑑定書でもファンシーカラーであることが表記されます。

価格は色がはっきりして美しいものほど価値が高く、同じキャラットでも状態によっては無色透明なダイヤよりも高くなることもあります。
イエローダイヤペンダント
(ファンシーイエローダイヤで作ったペンダント)

ライトイエローは無色透明なダイヤモンドどさほど変わらない価格だと思いますが、色味としては物足らないかもしれません。
その違いを見比べてお好きな色のダイヤモンドを選ぶのも過程の一つで楽しめます。

またエンゲージリングの中石でなく、飾り石のメレダイヤモンドによく使われるのがピンクダイヤモンド。
ピンクダイヤ加工済み
ピンクダイヤモンドもイエローダイヤモンド同様に発色のいいものとそうでないもので価値が異なります。
ピンクダイヤも色が濃く発色のいいものほど価値があり、数多く取れません。もちろん普通のホワイトダイヤモンドよりも価格は高くなります。

参考:0.01ctでホワイトダイヤ¥3500/ピンクダイヤ¥20.000~

逆に薄いピンクダイヤはホワイトダイヤモンドより高いのですが、いざプラチナの地金にセットしても色があまりわからないので
、色の違いをよく見てお好きな方を選ばれることをオススメ致します。
agpinkdiaring1
ちなみにピンクダイヤモンドで中石としてのサイズもご用意することも可能ですが、ご予算は多めに見ていただいた方がよろしいかと思います。

初めてダイヤモンドを買われる方は無色透明なものをオススメいたしますが、やはり形だけでなく色も個性的で誰も持っていないダイヤモンドを望まれる場合は ご希望のご予算に合わせて仕入れてお見せ致しますので(取り寄せにかかる費用などはございません)ご来店日の約2週間前ぐらいにお問い合わせいただければスムーズにダイヤモンドを見ることができます。

もちろん無色かカラーか迷っていて見比べてみたいという段階でも前もってお問い合わせいただければご用意できますのでお気軽にお申し付けくださいませ。