NOMOTOのダイヤモンド

ダイヤモンドルースイメージ
NOMOTOのダイヤモンドは、国際的に認められたGIA宝石鑑定士(G・G)の資格を持つオーナーが、

自分の目でよく吟味し、厳選したものばかりです。

初めてダイヤモンドそのものを見られるカップル様にダイヤモンドの美しさを表す

世界共通品質評価システムである

【4C/GIAグレーディングシステム】 をご理解いただいたうえで、

顕微鏡やカラースコープをご用意し、実際にご自分の目で違いを体感していただけるようにしています。

また、ダイヤモンドで重要な要素は【4C】だけではありません。

常に最上級の輝きをお約束するために、ダイヤモンドの蛍光性成長線にもこだわり、

蛍光性の強い石や成長線の見えるものは使用しておりません。

天然ダイヤモンドにみられる蛍光性や成長線は、ときにダイヤモンドの輝きを妨げる場合があるからです。

同じキャラット(ct/重さ)でもカラーやインクルージョン、カットを見分ける技術を持っており

ダイヤモンドご購入者に的確なアドバイスをさせていただいております。

またダイヤモンドを取り巻く特殊な仕入れ環境など普段の生活では知り得ることのできない

情報の発信もさせて頂いております。

「初めてで何もわからない」からぜひ「ダイヤモンドの魅力や特徴」を知っていただければと思います。

【4C/GIAグレーディングシステム】

Carat(キャラット/重量度)
ダイヤモンドの重さはキャラットで表示され、1ctは0.2gとなります。
キャラットうp
Color(カラー/色相)
ダイヤモンドは無色のものを「D」カラーとし、と黄色味のある「Z」まで23段階に評価されます。
ダイヤモンドは炭素の結晶で空気中の窒素が含まれると黄色味を帯びてまいります。
カラー
Clarity(クラリティ/透明度)
ダイヤモンドの透明度を表します。表面の状態や内包物を10倍の拡大鏡を使って検査し11段階で評価されます。
クラリティ
Cut(カット/プロポーション&フィニッシュ)
天然ダイヤモンドで唯一人間の手によって生み出され、比率と研磨で評価されます。
カット

※ダイヤモンドの価格はドル円為替レートによって変動いたします。
キャラットは0.1ct~2.0ctまで幅広く常備ございます。

黄色に染まっている範囲が主に取り扱っている4Cの範囲になりますが
IFといった最高ランクの希少性の高いダイヤモンドも一部お取り扱いしております。

ダイヤモンドとは一期一会。その方に相応しい、素敵なダイヤモンドに出会えるようにご提案させていただきます。

ファンシーカラーダイヤモンド

ダイヤモンドの中でも更に希少性の高いファンシーカラーダイヤモンドというものが存在しております。

天然のカラーダイヤモンドで、発色がよく美しいカラーダイヤモンドは無色透明のダイヤモンド以上に価値が高く、

レッド・グリーン・ブルーは特に欲しくても原石自体滅多にお目にかかれるものではないため、

運命のダイヤモンドといったところです。(価格も通常のダイヤモンドとは桁がちがいます)

発色がよく安いカラーダイヤモンドは天然ではなく、トリートメントされた(ダイヤモンドに放射線を当ててカラーコーティングしたもの)ものなので天然か否か確認されるのがいいかと思います。

(※トリートメント加工は天然ダイヤモンドにカラーリングする一般的な方法で、色落ちもしない気軽にカラーダイヤモンドを楽しめるものと思っていただければ幸いです。)

市場にある程度流通していて、エンゲージリングの中石としても使われるのはファンシーカラーイエローダイヤモンドになります。
カラーダイヤモンド

イエローダイヤモンドは一般的には炭素の中に窒素入ると暗い、黄色になるというマイナスなイメージがあるかもしれませんが、

ファンシーカラーに属するイエローは発色が美しく、色鮮やかで尚且つダイヤモンドとしての輝きもあり普通のイエローダイヤと異なります。

鑑定書でもファンシーカラーであることが表記されます。

価格は色がはっきりして美しいものほど価値が高く、同じキャラットでも状態によっては無色透明なダイヤよりも高くなることもあります。
イエローダイヤペンダント
(ファンシーイエローダイヤで作ったペンダント)

ライトイエローは無色透明なダイヤモンドどさほど変わらない価格だと思いますが、色味としては物足らないかもしれません。
その違いを見比べてお好きな色のダイヤモンドを選ぶのも過程の一つで楽しめます。

またエンゲージリングの中石でなく、飾り石のメレダイヤモンドによく使われるのがピンクダイヤモンド。
ピンクダイヤ加工済み
ピンクダイヤモンドもイエローダイヤモンド同様に発色のいいものとそうでないもので価値が異なります。
ピンクダイヤも色が濃く発色のいいものほど価値があり、数多く取れません。もちろん普通のホワイトダイヤモンドよりも価格は高くなります。

参考:0.01ctでホワイトダイヤ¥3500/ピンクダイヤ¥20.000~

逆に薄いピンクダイヤはホワイトダイヤモンドより高いのですが、いざプラチナの地金にセットしても色があまりわからないので
、色の違いをよく見てお好きな方を選ばれることをオススメ致します。
agpinkdiaring1
ちなみにピンクダイヤモンドで中石としてのサイズもご用意することも可能ですが、ご予算は多めに見ていただいた方がよろしいかと思います。

初めてダイヤモンドを買われる方は無色透明なものをオススメいたしますが、やはり形だけでなく色も個性的で誰も持っていないダイヤモンドを望まれる場合は ご希望のご予算に合わせて仕入れてお見せ致しますので(取り寄せにかかる費用などはございません)ご来店日の約2週間前ぐらいにお問い合わせいただければスムーズにダイヤモンドを見ることができます。

もちろん無色かカラーか迷っていて見比べてみたいという段階でも前もってお問い合わせいただければご用意できますのでお気軽にお申し付けくださいませ。

ファンシーカットダイヤモンドのお取り扱い

2ダイヤモンドルースカタログ
NOMOTOはラウンドブリリアントカットダイヤモンド以外に、ファンシーカットダイヤモンドのお取り扱いもしております。

ファンシーカットのダイヤモンドはラウンドダイヤモンドと異なるカットで仕上げているので

輝きが全く異なり個性的な表情を見せてくれます。

変わったカットですと、四つ葉のクローバーの形・五花弁の形・星形・動物の形など実はダイヤモンドも様々な形にカットされたものが沢山存在しております。

〔干支〕のモチーフでカットされたダイヤモンドなどもあるのです。

NOMORTO BRIDAL店では常備、

エメラルドカット・マーキス・ハートシェイプ・プリンセス・ペアシェイプをご用意しておりますので

形の確認や価格のご相談等、わかりやすくご説明させていただきます。

可愛らしいハートやペアシェイプカット、そしてシャープでキリッとした印象を見せてくれるエメラルドカットや

プリンセスもありそれぞれに合うリングのデザインをご提案することも出来ます。(デザイン料/無料)

価格はラウンドダイヤモンドよりも割安感があるものもございます。

予算内で大きめのダイヤモンドをご提供することも可能でございますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

例:プリンセスカットダイヤモンドのDカラー/VS-1/0.3ct~0.4cctでいくらくらいですか?というものでも大丈夫です。

「人と違うダイヤモンドでエンゲーリングを作りたい。オーダーメイドで作ってみたい」

そんなご希望にお応えいたします。

婚約指輪として贈るダイヤモンド

『どうしてダイヤモンドなのか』

image

日本人の一般家庭が本格的にダイヤモンドを持つ様になったのは戦後からです。

当時は結婚する両家で結納の儀を行っていた家庭がほとんどで、結納のお品の一つに「結美和」として西洋文化を取り入れた「不変・永遠の愛」を表すダイヤモンドを婚約者に送ることが一つの慣例行事となり、日本のダイヤモンド市場が爆発的に広がりました。それから約70年の歳月が経ち、結婚に対する価値観もやり方も変化を見せており、結婚する上で婚約指輪を買うというケースは最盛期の約6割ほど。

実用性を求める現代社会において婚約指輪は必要か?という疑問を投げかけるケースも増えて参りました。

さてそんな中、購入されたカップルの理由は
「ダイヤモンドに憧れていた」
「一生に一度だけの贅沢」
「結婚(彼女)に対するけじめ」
「結婚の記念とフォーマルシーンにもちゃんと使えるアイテムが欲しい」
…といった婚約指輪への憧れや意思表明、将来の実用性を兼ねたものなどいろんな意見がございます。

一方、購入しないカップルの理由は
「予算がない」
「高い割には使うことがない」
「結婚資金は新婚旅行など別のことに使いたい」
「ダイヤモンドに興味がない」
…などなど理由は様々。一人で決めることではなく、またデリケートな話なので本音で話せないカップルもいないわけではありません。

「ただの記念品」「無駄な贅沢品」で終わらせてしまうのも持ち主の価値観次第で変わるものです。

婚約指輪は買うも買わずもお互い将来において後悔しない選択をしていただければと思います。

ダイヤモンド(それ以外の宝石全て)は地球からの美しい贈り物です。
一個として同じものは存在しません。まさに宝石との出会いは一期一会。
不思議なことに宝石はおのずと望んだ方のところにやってくるものなので(経験談)
宝石との縁を持つか持たぬかもやはりご本人次第ということになります。

リフォーム・エンゲージリング~婚約指輪は家族の強い絆を表す最良のアイテム~

リフォーム用帯650×100ダイヤモンドを代表として主な宝石は無機起源の鉱物で耐久性に優れており
何世代にも渡って継承する事ができる唯一の装身具です。

宝石の歴史は人類の歴史と共に動いており、ときに信仰の対象になったり、
富や権威を象徴するものと考えられてきました。

人と宝石は歴史を振り返ると切っても切れない縁でつながっており、
それはつまり人と人とを縁でつなぐ最良のアイテムと言えます。

宝石は耐久性に優れているため、形を変えて生まれ変わらせることが出来ます。

本来、欧米から伝わった婚約指輪の習わしも「ダイヤモンドを引き継いでいく」ことであり、
お祖母様やお母様から譲られたダイヤモンドを使って新しく花嫁様の指輪として生まれ変わらせ、
身につける事が本当の正しい使い方になります。

婚約指輪は家族の絆や縁を深めていくことができる大切な指輪なのです。

NOMOTOはリフォームエンゲージリング(婚約指輪)のオーダーにも対応しております。

ダイヤモンドは勿論、大切な宝石はぜひお持ち込みください。
石を外して残った古い指輪は素材の確認をして重さを計り、お客様が不要であれば下取りも出来ます。
またはシンプルな指輪にリフォームして、お祖母様やお母様にサプライズプレゼントしてもお喜びになるかと思います。
そのままご返却をご希望されることももちろん可能です。

パターン①:セミオーダー(サンプルリングの中からデザインを選んでいただき、新品で作る方法)
パターン②フルオーダー(デザイナーと打ち合わせしながら一点物の、完全オリジナルで作る方法)
指輪でなくペンダントにリフォーム(サンプルからデザインをお選びいただきます。)
いずれかの方法でお好きな形をお選びください。

リフォームガイダンス2

%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%80%e3%83%b3%e3%82%b9%ef%bc%91
リフォームガイダンス3

エンゲージ・ペンダント♡ダイヤモンドを贈るもうひとつのアイテム♡

ダイヤモンドペンダント

指輪が苦手な方、ペンダントでダイヤモンドを身につけたい方、近年は指輪のみならずペンダントで贈るケースも増えてきています。

NOMOTOではチェーンとシャトン(台座)+素材が選べるセミオーダーペンダントをお作りしております。

オススメは切れにくい0.8mm厚のヴェネツィアン・フリーチェーン(45cmまで長さ調整可)にダイヤモンドシャトンを付けたシンプルデザイン。

ダイヤモンドシャトンは【6つ爪/4つ爪/2つ爪/1つ爪/ベゼル】と選択可能。

プラチナでチェーン+シャトン=¥60.000でご用意出来ます。

(※地金変動相場により価格変更もあり)

あとはメインのダイヤモンドをご予算に合わせてお選び下さいませ。

フォーマル・カジュアルどちらでも合わせてコーディネートしやすいデザインです。

そしてご婚約記念に結納も(略式/顔合わせ食事会含む)される場合、ペンダント専用の桐ケースもご希望の方にお付け致します。